• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

エネルギー・リサイクル分野について

助成の趣旨

 当財団は、財団設立の1992(平成4)年から、主として関西地域の大学・高等専門学校等におけるエネルギー・リサイクル分野の研究活動等に対する支援活動を行っています。
 その趣旨は、次のとおりです。
 人間活動と地球環境の調和を図りながら、社会・経済の持続的な発展を将来にわたって続けてい く上で、電気エネルギーの供給・利用技術や資源リサイクル技術、および、これらに関わる人文・ 社会科学分野の研究活動を一層充実・強化していく必要があることは言うまでもありません。
 また、人類の喫緊の課題である地球温暖化問題の解決を目指す上で、電気エネルギー供給・利用 技術等の一層の発展が大きな鍵を握っていると期待されています。
 以上から、当財団は、エネルギー・リサイクル分野における基礎研究の更なる充実と産学連携を 視野に入れた挑戦的応用研究の推進、研究者の育成、国際交流の促進等を図るため、試験研究、国 際交流活動、研究成果の出版、研究発表会等の開催に対する助成を行います。

対象分野

 助成の趣旨に合った、電気・電子・情報・通信・土木・建築・機械・化学・バイオ・リサイクル・テクノロジーアセスメント等の幅広い分野の基礎研究および応用研究等を対象とします。
 キーワードは、「エネルギーの変換・貯蔵・伝達の効率向上・高度化」「エネルギー利用の効率向上・高度化」「環境・リサイクル活動の効率向上・高度化」です。

ページトップへ戻る